遥かなる海
大航海時代オンライン、主に海賊とお料理、ユーザーイベントをこっそりと書き綴っているブログです。
プロフィール

桃夏@Euros

Author:桃夏@Euros
Euros鯖、イングランド国籍です。
時折出没。
目指すは海賊さんです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



FC2カウンター



画像の著作権について

「『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。」 「 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.」



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



アクセス解析



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポルトガルの剣 シルバーシャドウ

私掠海賊・・・国家の為に他国の艦隊を襲う海賊。
DOLに海賊多しと言えど一時代を築くにいたった者は少ない。
長き眠りより目覚め、今再び牙を研ぐ者がいる。
背中に負うのはポルトガルの過去の栄光か、それとも未来への躍進か。
ポルトガル私掠海賊シルバーシャドウ。今回は彼に取材を試みた。


彼の待つセイロン南に行くと既に交戦中。
ヴィルトゥ参謀ロン・カミューを襲っている様子。
VSロン・カミュー

賊が海賊を襲う。
彼にとって区別は国の旗だけ。
他は獲物だ。彼の恫喝がさざなみのように力強く響いた。

戦闘後、洋上でインタビューを試みる事に。
シルバーシャドウ

日に焼けた褐色の肌。
長い間海で過ごしてきたのだろう、海の男独特の雰囲気を醸し出した。
桃夏>あなたが海賊するようになったきっかけって何かなあ
シルバーシャドウ>ああ
シルバーシャドウ>投資かな
シルバーシャドウ>PKKしてたんだけど
桃夏>うん
シルバーシャドウ>結局投資とか役に立たなくて
シルバーシャドウ>海賊になった
桃夏>私が見かける限りソロが多いと思うんだけど
シルバーシャドウ>私掠しながらPKKもできるしね
桃夏>いつもソロでしてるの?
シルバーシャドウ>うん
桃夏>その辺はこだわりなのかな
シルバーシャドウ>んー
シルバーシャドウ>どうだろ
シルバーシャドウ>つるむ時もあるし
桃夏>ふむふむ
シルバーシャドウ>ただ年がら年中
シルバーシャドウ>つるむのもカッコ悪いっしょ


初めは賞金稼ぎだったと語るシルバーシャドウ。
過去も現状も賞金稼ぎは常に茨の道。
昨日の賞金稼ぎが今日の海賊に。よくある話だ。
だが彼の場合、例え分が悪くともソロを好む。
ソロでも出来る事をわざわざ艦隊を組んでまでしない。
勝ち負けは時の運。重要なのは生き様だ。


桃夏>ええと、じゃあこのゲームであなたにとってのライバルは?
シルバーシャドウ>PKKでいま強いのっている?
シルバーシャドウ>皆艦隊でしかこないからな最近も
シルバーシャドウ>バークとかカースは強かったかな
シルバーシャドウ>ネロ 亜子あたりがライバルか
シルバーシャドウ>サイコも強くなったね


仲間内がライバル。
互いに切磋琢磨し合うのだろうか。


と、話の途中で業者の艦隊がセイロンを出航。
話を切り上げ即座に攻撃に向かう。
VS業者艦隊

私掠海賊にとって自国の船舶は守るべきもの。
しかし業者は対象外だ。
容赦なく艦隊を蹂躙する。

共同戦線

今度は先ほど攻撃したロン・カミューとの共同戦線。
潮の流れが変わるように、時には他国の海賊とも組む。
生きる為、そして捕食する為に。
インタビュー

港に戻りインタビューを再開。
桃夏>あなたのDOLのモチベーションって何だろう
シルバーシャドウ>ポルトガル頑張れ
桃夏>少し前までお休みしてじゃない
シルバーシャドウ>うん
桃夏>復帰するきっかけってあったのかな
シルバーシャドウ>PK同士馴れ合い多くて
シルバーシャドウ>うんざりしてて
桃夏>ふむふむ
シルバーシャドウ>大海戦きてって言われて
シルバーシャドウ>INした時後輩の海賊にもっと昔みたいに暴れたいって聞いたから
桃夏>殺伐を好むんだ
シルバーシャドウ>海賊が共存共栄も変な話カナとね
桃夏>そうだね 取材協力ありがとう
桃夏>今度見かけたら普通に襲います
桃夏>どうぞよろしく
シルバーシャドウ>こんなロートルを取材してくれてどうもあんがと
桃夏>それじゃね 海で会いましょう


多くは語らず。でも彼の想いは伝わってきた。
海賊としてのイメージ。確かに馴れ合いを持ってしまっては仕事も出来なくなる。
非情と言われ様が構わない。
俺が選んだ道だ。どんな逆風でも歩くさ。
そんな声が聞こえたような気がした。
ポルトガル海賊シルバーシャドウ。
自分自身でもロートルと呼ぶが、彼が以前の牙を取り戻した時、ポルトガルに新しい風が吹くのかもしれない。
私掠の時代はまだまだ始まったばかりだ。
これから先更なる困難が航海者を待ち受けるのかもしれない、桃夏はそう思いながらセイロンを出航しました。


スポンサーサイト

更なる高みへ 求道者ルー・ルカ
皆さんはどのような理由で軍人となるのでしょうか。
賞金稼ぎとして名声を残すため。
海賊として七つの海を恐怖に陥れるため。
友人や大切な人を守るため。
他にも様々な理由があると思います。
今回はDOLに遍く航海者の中で強さを追い求める一人の軍人に取材を申し込みました。

[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。