遥かなる海
大航海時代オンライン、主に海賊とお料理、ユーザーイベントをこっそりと書き綴っているブログです。
プロフィール

桃夏@Euros

Author:桃夏@Euros
Euros鯖、イングランド国籍です。
時折出没。
目指すは海賊さんです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



FC2カウンター



画像の著作権について

「『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。」 「 (C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.」



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



アクセス解析



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


貿易風に乗ってどこまでも・・・

「わぁ~、凄い。グングン加速してくよ」
「うんうん。これが有名な貿易風だね。大航海時代に因んだ名前の一つかも」
「この海路を沢山の帆船が辿っていったんだね・・・。何か感慨深いかもっ」
「て、桃ちゃん。そんな事言ってたらどこの時代の人かわかんなくなるよ」
「てへ。」
見張り台から覘く雄大な海は、長期間の航海による疲れも吹き飛ばすほど素晴らしいものでした。
「この先に黄金卿が待っているんだねっ。」
「うんうん。カリブ海のめのう。中南米の金と銀。メキシコ湾のオパール。コロンビアのエメラルド。そして南米ならではの特産物。」
ゆぐがどこか惚けるような口調でつぶやく。
「でもゆぐが目指してるのは錬金術だもんね~」
「うっ、、、うん。」
失われた秘儀、錬金術。そんなまゆつばなものでさえも南米にはあるという。
「ただの噂かもしれないけどね。でも夢が広がるよ」
この海の向こうに西洋人が夢に描く新天地がある。手を伸ばせばそこには。
一隻の船に自分の全てを賭けて挑戦し続けた大航海時代。
インドでもジパングでもない。貿易風に乗って新大陸へと船を走らせた船乗り達の姿が目に浮かぶようでした。
「ふふ。よしっ、目標南米リオデジャネイロ! ゆぐ、舵はお願いね。」
「了解!」
ゆぐの掛け声と共に順風が吹く。メインマストに貿易風を受けて、桃夏とゆぐは南米へと向かったのでした。




こちらを嘲笑うかのように砲弾が飛んできた。
「サブマスト炎上! 提督・・・このままじゃ・・・」
数の差は四対一。しかもこちらは商船だ。
ゆっくりと包囲網をかけながらバッカニアが肉薄してくる。
「まさかあのタイミングで奇襲を受けるなんてね。黄金郷への道は甘くなかったかあ・・・」
「すぐに消化砂を撒け! 手の空いてるヤツは予備帆を出して来い。ここが正念場だ、諦めるなっ!」
ゆぐが船員を鼓舞する。一時の混乱から立ち直るも尚も四隻の大型ガレオンが接近する。
「桃ちゃん、最悪おいらがこの船で特攻するからその間に小型艇で逃げて・・」
「何言ってるのッ!あなたや船員を置いて逃げる船長がどこにいるというの?いいわ、舵は私がとります。ゆぐは船員の指揮を」
敵艦隊との距離350。
「砲手、弾道学で距離を正確に割り出して。ゆぐ、砲弾は残りいくつ?」
「残り10樽。そんなにはもたないよ」
「そう、なら半分を機雷に使います。準備をお願い。その間にここから風下に切り上げるわよっ」
状況は常に最悪。でも軍人ならそれが当たり前だ。視野を広く持て。
もしこの場にあの人がいればそんな事を言いそうな気がした。
「船長、この風で無理な切り上がりをしたら転覆しちまいますぜ!」
「わかってるわよ。でもやるしかないの。皆何かに掴まっていなさい。」
矢継ぎ早に指示を出すと私は舵を握った。ここからが勝負。商用クリッパーは大型の帆船だ。切り返しに失敗したら転覆は免れない。
ドンドンドンドンッ!
「メインマストに被弾っ。帆が破られました・・。」
敵艦からの砲撃は続く。懸命な回避により直撃は避けているものの時間の問題だろう。
「丁度いいわ 帆を下ろす手間が省けたってものよ。」
精一杯の強がり。船速が殺されたのは痛い。敵艦隊との距離は250を切っていた。
「桃ちゃん!機雷の準備整ったよ。いつでもいける!」
「よしっ。なるべく広範囲にばら撒いて。相手は四隻。機雷があるとわかれば最低限の足止めにはなるわ。」
どうせこの場には私達以外に敵しかいない。ならやれるだけの事をやるしかないっ。
ズドーン。
身体に響く重低音。
「やった、やりました!先頭の一隻が機雷に被弾ッ!敵艦隊速度を落としています。」
「今よっ。切り上げます!」
チャンスは今しかない。私は焦る気持ちを懸命に抑え付けながら舵を取った。
お願い・・・。祈りを込めて舵を右に切る。普段の私の腕では五分五分といった所か。
でも今は失敗は許されない。皆の命がかかっているんだからッ。
船は大きく半円を描きながらバッカニア艦隊を目の前に旋回。何とか半包囲から脱出する。
敵艦隊との距離300。
「ふぅ。お見事。」
ゆぐが労いの言葉をかけてくれる。でもここで気を抜くわけにはいかない。
「まだよ。戦闘海域から抜けるまでは安心できないわ。」
自分に言い聞かせるように私はつぶやいた。
その時だった。
シュルルルル・・・。
先ほどの砲撃とはうって変わって間の伸びた音。
でも私にはそれが死神の笛のように聞こえました。
ガシッ。
急激に落ちてゆく船速。一体何が!?
「せ、船長・・・鎖弾です。舵をやられました・・・もうダメだぁ。」
「諦めないで!ゆぐ、すぐに修理を。急いでっ。」
「了解!やってみるよ。」
心なしかゆぐの表情も青ざめていた。多分私はもっとだろう。だけど私が諦めるわけにはいかない。
そんなことをしたらあの人に失望されてしまうだろう。そんなの嫌だっ。
敵艦隊との距離200。
一度減速してしまった船がそう簡単に船速を取り戻す事はできない。無情にも敵艦隊は距離を詰めてくる。
相手は悪名高きバッカニア。捕まったら最後。生きては戻れないだろう。
皆もそれをわかっているらしく中には神に祈りをささげる者までいる。
「こうなってしまった以上、白兵は免れないわ。皆、こんな事につき合わせちゃってごめんね。」
心からの懺悔。どうしてこうなってしまったのだろうか。せめてもう少し敵を発見するのが早ければ・・・。
「悔やんでても仕方ないよ。桃ちゃんの背中はおいらが守るさ。」
「船長、あっしらも覚悟は決めやした。船長に預けた命だ!野郎どもっ、気合入れてくぜ!」
「うん・・・うんっ。貴方達だけは絶対何とかしてみせるっ!」
これから先どんな運命が待っていようとも、私は乗り越えてみせる。こんな仲間達に巡り合えたのだから。
敵艦隊との距離150。今や接舷距離に達しようとしていた。




 



一方その頃・・・。
「おい!南の洋上で商船がバッカニアに襲われているぞ。すぐに海事ギルドに報告しろッ!」
見張り台から怒声が飛ぶ。この付近のバッカニアは残虐な手口で有名だ。
「間に合うか・・・そして間に合ったとして勝てるのか・・・?」
昨年も同じように商船が襲われた事があった。だが、その時は援軍に駆けつけた軍船もろとも帰っては来なかった。
男は望遠鏡を片手にため息をついた。



「相手は?」
「バッカニア、数は少なくとも三隻以上だそうです!」
「そうか。駐留している艦隊ですぐに発てそうなのは誰だ?」
慌てて報告をするギルド見習いとは対照的にギルドマスターは落ち着いた様子で指示を飛ばす。
「そ、それが・・・。先日の海賊討伐でほとんどの艦が損傷しているそうですッ!今すぐ出航できるのはddとかいう得体の知れない隻眼の女だけだそうで。」
見習いとはいえ彼もバッカニアの強さは良く知っていた。単艦でどうにかできるような相手ではない。諦めにも似た表情を浮かべながら報告をした。
「何だとっ。ddが来てるのか・・。そうか、よし!すぐに彼女に連絡を取れ。」
「し、しかし・・・。相手はバッカニア。単艦じゃ自殺行為では・・・。」
「大丈夫だ。噂に聞くあのddなら問題はない・・。」
ギルドマスターはそう呟くと戦闘を繰り広げているであろう南の海域に顔を向けた。
「後は時間との勝負だ。ddが間に合ってくれれば。」



「姐さん厄介なことになりやしたねぇ。」
「フン。まあいつものことだ。それより出航準備を急がせろ。」
パイレーツコートをまとった隻眼の女が答える。
「船はどうするんで?」
「戦列では間に合いそうにもないな。コルベットを出せ。」
「コルベット?! まだ進水させたばかりの新型船じゃねえですか。姐さんが列強とのドンパチで使うんだって楽しみにしてたやつなんじゃ」
「いいか。今という時は二度と戻らない。今自分が出来る精一杯の事をしろ。」
ddは穏やかな表情で懐かしそうに言った。まあ、あいつの受け売りだがなと付け加えて。
「了解しやしたッ!すぐにでも出せやすぜ。」
「では出航する。目標バッカニア艦隊。英国海軍の力、無法者どもに見せ付けてやれッ!」



「ゆぐ、火薬を多めにして大砲の貫通強化をお願い。それと例の物の準備を。急いでっ。」
「わかった。まかせて!」
敵艦隊との距離100。これ以上は逃げられない。
でも最後まで諦めるわけにはいかない。あの人との約束だから・・。
「せめてあと二隻、いえ一隻でもいい。仲間がいてくれたら・・・。」
知らず知らずのうちに声に出していたのだろう。
そこには・・・。



「姐さん、商船とバッカニア艦隊を見つけやした。どうやら英国籍みたいですぜ。」
オズバルドが興奮した口調でまくし立てた。
「そうか。なら尚更見捨てるわけにはゆかぬ。砲手、ペリエ砲で威嚇射撃をしろ。こちらの存在をバッカニアに教えてやれ。」
ドンドンドンドーンッ!
ddが言うや否や即座に砲弾が飛んだ。弛まぬ日々の訓練の賜物か、練度の高さを窺い知れた。
その直後。
「姐さん、バッカニア艦隊が三隻こちらに向かってきやすぜ。どうやら敵の旗艦はそのまま商船を襲う腹らしいっす。」
「そうきたか。」
確かに手負いの獲物をそのまま逃すほど連中も馬鹿ではない。しかし、こいつらの相手をして間に合うのか・・。
「どうしやす?このまま三隻を野放しにして救援に向かうにはリスクが大きすぎやすぜ。」
ddは一瞬考え込むと即座に決断を下した。
「ああ。商船には悪いがあたしはお前らの命も預かってる。あとの事は運任せだ。あいつらの運が良ければ助かるだろう。」
すまないな・・・。ddはそっと心の中で見知らぬ商船と一人の英国軍人に頭を下げた。



ドンドンドンドーンッ!
炸裂する火薬。何者かの奇襲にバッカニア艦隊も戦列を崩す。
「船長ッ!!リオデジャネイロの街から援軍ですぜ!あれは英国海軍最新鋭艦コルベット級・・・。。た、助かったぁ。」
この場にいる全員の気持ちだった。
突如現れた三本マストの戦船。帆を薄紫に塗りクロスの紋章を掲げた戦艦。
あの帆、あの紋章もしかして、、、あの人の同僚の・・・。
『キカンヲエンゴスル タダチニリダツセヨ』
手旗信号と同時にコルベットからの砲撃が続く。バッカニア艦隊も後ろから砲撃される事を恐れたのか三隻が反転した。
「桃ちゃん!一隻、敵旗艦が突っ込んでくるよ!」
「・・・うん。迎撃用意!いい?限界まで引き付けてッ!」
こちらは満身創痍。向こうは無傷。しかも相手は完全武装の海賊船だ。
このまま見逃してくれるほど容易い相手ではない。
「でも引き付けるって、、もう目の前まできてるよ?!」
「船長、あっしらも同感でさあ。さっさと撃ちまくらないと。」
「今撃っても弾の無駄遣いにしかならないわ。策があるの。私を信じて・・・。」
怖いのは皆一緒だ。震えそうになる手を固く握り締めながら皆を見つめた。
「わかった。桃ちゃんを信じるよ。」
船員達も黙って頷く。今度は失敗すれば先ほど以上に後がない。
賭けるのは自分達の命。分の悪い賭けだけどやるしかないっ。
ドンドンッ!
敵旗艦から絶え間なく砲撃が続く。反撃してこない私達を拿捕しにかかるはずだ。撃沈してしまっては積荷の回収が難しくなる。
私はそれに賭ける事にした。
いいか、桃夏。相手の考えを読むんだ。もし自分だったらどうするか、それを考えろ。
あの人の言葉が蘇る。今の私にとってそれは何よりの支え。
「船速を更に落として。」
破けていた帆を全て下ろす。平行状態で動いていた船が敵旗艦の後ろに抜けるように下がった。
敵旗艦との距離50!
絶好のチャンス。相手はそう捉えたのだろう。接舷する為に旋回しようとした。
そう、クリッパーの側面に船首を向けて。
「今よッ!水平射撃。てぇーーーッ!!」
限界まで火薬を増量したキャノン砲14門が発射される。
あたかもリヴァイアサンが荒れ狂うが如く。敵の船首に突き刺さった。
ガガガガガガ・・・ドッガーーーーン!!
暴風雨のように二連弾が辺りを吹き飛ばしながら船首に直撃した。
「敵船に大打撃!す、、すげぇ。船長やりやしたぜ!」
「まだよ!ゆぐ、お願いっ!」
大型ガレオンの耐久を持ってすれば今の一撃は致命傷にはならない。もう一撃加える必要がある。
「はい!時間が鍵を握るっ。突っ込むぞ!」
船鉤を敵艦の船側につけ渡し網を引く。何度も訓練した動きだ。瞬く間に敵艦に切り込む構えを見せる。
敵船は既に浸水状態。直撃時の混乱から立ち直っておらず船内はパニックに陥っていた。




「一体何をやっておるか!商船如きに・・・。ええいっ、貴様ら持ち場につけッ!」
バッカニアの船長が大声で怒鳴るも、浮き足立った海賊達は浸水の修復に追われていた。
この船が沈んでは自分達の帰る場所がなくなる。懸命に水をかき出す者。侵入者を排除しようとする者。
普段襲う事には慣れていても、逆の立場は経験した事にない彼らにとって寝耳に水の出来事であったのだろう。海賊達は必死に動くが本来の動きには程遠かった。
そして接舷開始5分後。この後の十分間が彼らの命運を分けることとなる。
ヒューン・・・・ガシャーンッ。
「おい、どうした。何だ今の音は!?」
慌てて確認させるも一歩及ばす。商用クリッパーからの銃撃と火矢が乱れ飛ぶ。
その瞬間、辺りは一面火の海に包まれた。



「敵旗艦炎上!後退していきやす。姐さん、連中やりやしたぜ!」
オズバルトが更に興奮して怒鳴り込むように言った。
「あの状況下をひっくり返すか・・・。しかも商船で。あっはっはっは。面白いっ!」
どんな魔法を使ったのかは知らないが素晴らしい手際だ。
「大したもんですねえ。こりゃあうちらが出る幕もなかったのかもしれやせん。」
まるであいつを見ているようだな。どんな状況下でも諦めないあいつを。
「まあそう言うな。あたしらにはあたしらの仕事がある。これより掃討にかかるぞ!」
「あいさー!」


 



「敵旗艦沈黙ッ!船長!!」
「ふぅ。皆、お疲れ様。ゆぐ達に撤退の合図を」
未だに身体の震えが止まらない。本当にギリギリだったと思う。
撤退の鐘を鳴らすとゆぐ達切込み部隊が帰ってきた。
「桃ちゃ~んっ。やったよ!」
全身を煤で真っ黒に汚しながら抱きついてきた。
「もう・・・こんなに汚しちゃって。また新しいお洋服仕立てないとね。」
見渡すと他の船員達も真っ黒に汚れていた。必死に頑張った勲章。私にはそれが何倍も輝いて見えていました。
「しかし、火炎壷ってすげぇんですね。これもあの人の受け売りですかい?」
船員がニヤニヤしながら聞いてくる。やっぱ今の取り消しっと。めもめも。
「そんな事より、向こうの状況はどうなの?」
敵旗艦が逃走していったとはいえ向こうの状況はそんなに動かないはずだ。
いくら最新鋭の軍艦とはいえ三対一では分が悪い。
「船長、これを。さすがは英国海軍でさぁ。見て下させぇ」
望遠鏡を覗き込む。
既に一隻撃沈されている船が見える。バッカニアの大型ガレオンだ。
残る二隻で挟撃をかけようとするもコルベットはマタドールのように巧みに受け止め、足並みの落ちた僚艦にしたたかな砲撃を加える。
「すごい・・・。あんなにキレイに動けるもんなんだ・・・。」
大型艦が良い様に翻弄されている。これまでの戦いは大型艦同士の打ち合いか切り込みでしか決着が着かなかったというのに。
「こりゃあ海戦の歴史がかわりやすぜ・・・。イスパニアの天下も英国海軍とやりあったら傾くのは免れねえ」
確かにそうとしか言いようがない。大艦巨砲の時代は終焉を迎えているのかもしれない。
その三時間後、ddが旗艦以外を全て撃沈し戦いは終わった。


 



急ぎリオデジャネイロに寄港する。
会いたい。かつてあの人の同僚だったddさんに。会って色んな話を聞きたい。
ともすれば爆ぜそうになる想いを抑えながら私は出航所に確認をいれた。
「dd?その人ならギルドから謝礼もらってすぐに出ちまったぜ。」
そ、そんな・・・。一気に力が抜ける。倒れ掛かった私をゆぐが抱きとめてくれた。
「ってあんたが桃夏さんか?ddって人から手紙預かってるんだが。」
!?ひったくるように手紙を受け取るとそこには・・・

先ほどの戦い見事だった。
昔の同僚を思い出したよ。あんたとならいつか艦隊を組む日もあるだろう。そん時までもっと大きくなれよ。
またな、英国のじゃじゃ馬さん。

・・・ddさんに認められた?
溢れる涙をぬぐおうともせず何度も読み返す。
また一歩、あの人に近づけたのかもしれない・・・。


 



一週間後。
船の修理も終え、どうにか出航準備が整った。
今回の戦いでギルドへの謝礼金、船の修理費で失ったものは大きいけれど、命さえあればいくらでも取り戻す事が出来る。
私達の航海日誌はまだ始まったばかりだ。
「ゆぐ、進路北東、一路ロンドンへ!」
「了解っ。任せてよ!」
見渡す限りの大海原を駆ける。
今なら貿易風に乗ってどこまでもいける。そんな気がした。




次回予告?
「いいか桃夏。Tittyの表の顔に騙されるな。あいつは魔法を使う。そう、迫撃という名の魔法だ。」
相手に勝ったと思わせる。その瞬間、そいつは負けさ。
「ddさんが恐れる程の相手なんですか・・・。」
「ああ。全盛期のあいつくらいなもんだろう。迫撃を止められるのは。」
そう言うとddさんは真っ直ぐに私を見つめこう言い放った。
「もしTittyと対峙する事になったら迷わず逃げろ。今のお前じゃ無理だ。
もっとも、ヤツがそう簡単に逃がしてくれるはずもないが、お前なら逃げ切るくらいは出来るだろう。」
ゴクリ。唾を飲み込む。あの百戦錬磨のddさんが恐れる程の人物。
迫撃のTittyかぁ。一体どんな人なんだろう。

そ、そのうちこっそりカキカキするかもしれません・・・。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
初めまして~(o°▽°)oニパッ
ブログ拝見させてもらいましたw

おもしろくておもわず読み込んでしまいましたよw

これからちょくちょく覗かせてもらいますのでw

更新ガンバです゚∀゚)ハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \
【2006/09/19 14:51】 URL | ジェスター #- [ 編集]

> ジェスターさま
初めまして。
いらっしゃいませっ。
楽しんで頂けて嬉しいです!
こっそり更新していきますので、そぉっと覗きにきてくださいませっ。
今後ともどうぞよろしくお願いしますっ。
【2006/09/19 22:14】 URL | 桃夏 #ChTp5cnI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://momonatu2.blog50.fc2.com/tb.php/16-8add8d3f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。